徳島の結婚式場

menu

徳島県で結婚式場を探すなら徳島駅直結のホテルクレメントへ

ご両親との記念写真

こんにちは、ホテルクレメント徳島 写真室の佐藤です。

9月も半ばを過ぎて、秋風が立ちはじめ幾分過ごしやすくなってきました。

去年のこの時期、挙式されたお客様から8月の阿波踊り間近な日に近況を教えてくださるメールが届きました。

なぜか阿波踊りの時期になると、県外から結婚式を挙げるため徳島に来て下さったお客様の事をよく思い出します。

メールを下さったお2人は新郎様は徳島出身ですが、新婦様は県外の方でした。
『家族や親戚の為に結婚式を挙げたいと思います』
と、優しい表情のお2人が写真室にいらっしゃいました。
もう埼玉で新居を構えているお2人ですが、
新郎様は徳島に住む家族や親戚の方々に彼女を紹介するために、新婦様は彼の育ったふるさとを家族に見てもらうために、徳島で結婚式を挙げる事を決めたそうです。

両家の紋をモチーフにした新婦様手作りのウエルカムボード

両家の紋をモチーフにした新婦様手作りのウエルカムボード

挙式目前の2人ゲストのカメラに向かって

挙式目前の2人 ゲストのカメラに向かって

ホテルクレメントを選んだ理由は、立地条件と宿泊施設の充実だそうです。
県外から来るゲストの為に、結婚式は午後から始まりました。

神前挙式での折り鶴シャワー

神前挙式での折り鶴シャワー可愛い子供たちにゲストの表情も和みます

記念の2人の写真撮影は、披露宴で待ち時間が長くなるのは失礼だと、式が始まる前に済まされました。

 

ホテルの中にある日本庭園で当日写し

ホテルの中にある日本庭園で当日写し

この写真は年賀状にも使われました

この写真は年賀状にも使ってくれました

会場は徳島の母なる川、吉野川が一望できる最上階です。
2つの家族が仲良くなるのに、そう時間がかからなかったのは、全員が相手の顔を見ながら話しができるようにと1つの大きなテーブルを囲んで座る座席にされたからでしょうか?

夕暮れ時の会場もとてもおもむきがあります

夕暮れ時の会場もとてもおもむきがあります

そこを一周して、彼からは徳島のお菓子を、彼女からは出身地のお菓子を、お1人ずつにご挨拶しながら配られた時には、より一層ゲストの方々の笑顔があふれていました。

SABU4300 SABU4317
会場に阿波踊りのぞめきが流れると、新郎様やお父様が踊りだします。
それをみて両家が入り交じり見よう見まねでみんな踊る阿呆になっていきます。お父様の笑顔で踊る姿が、みんなを和ませてくれていました。

徳島出身の新郎様がまずは、見本をみせると

徳島出身の新郎様やお父様がまず見本をみせると

阿波踊りの輪が広がります

阿波踊りの輪が自然と広がっていきます

最後のご両親に感謝の気持ちを込めて用意した記念品は、3連時計でした。
1枚の木から作られたこの時計は、お2人を真ん中にして並べると1つの木目で繋がります。たくさんの関わりの中に深く刻まれた年輪は大切でかけがえのないものです。

遠く離れて暮らしても、いつも1つに繋がっています。
そんな想いを込めて選ばれたそうです。

SABU4480 SABU4490
最初から最後まで、お2人のご家族を思う気持ちの詰まった、心温まるおもてなしという言葉がピッタリの結婚式でした。
1年経った今でも、とても印象に残る1日でした。
ちょうど明後日は、1周年を迎えられる日です。
末永くお幸せに。

 


関連記事

muryo CL_banner03 CL_wedding_banner_voice CL_wedding_banner_report

access

footer