徳島の結婚式場

menu

徳島県で結婚式場を探すなら徳島駅直結のホテルクレメントへ

徳島 結婚式場

こんにちは。ホテルクレメント徳島 写真室の本田です。

みなさん、結婚式の準備は進んでますか?

今日は結婚式の前に、結婚が決まった2人がするであろう「結納」についてお話しますね。

そもそも「結納」って何??っていう方のために、まずは「結納」の意味と最近の傾向について

ご説明します。

 

 

「結納」とは、男性側が女性側の両親に対して『妻となるべき方を今まで育てていただき

ありがとうございます』という感謝の気持を伝える儀式のことです。

その歴史は室町時代とも言われ、結婚式よりもはるかに長い歴史を持っています。

堅苦しいというイメージを抱いている2人も、それだけの理由で敬遠すると

後々両家のトラブルの原因にもなりかねないので要注意。

具体的には、新郎側が新婦側に結納品納め、新婦側はこれに対して答礼。

その後食事会という流れが一般的です。

「結納」は、花嫁の両親にとって『嫁いでしまう娘のためにしてあげられる数少ないこと』のひとつ。

そして、新郎にとってはこれから始まる両家の関係を円滑にする絶好の場でもあるのです。

まずは、両家で結納をするのかしないのかをよく相談をすることが大事ですね。

次に「結納」をすることが決まったら、「どこでするのか?」

「どういう風にするのか?」を相談します。

徳島県内の最近の「結納」は、仲人を立てることが少なくなってきた近年、新郎側が花嫁の自宅を訪れ

両家のみで結納を進行するスタイルが多く取り入れられています。

場所の問題や料理等の準備が省けるという利点から、近年ではホテルや料亭の一室を借りて

執り行うケースも増えていますが、その場合も花嫁の実家と想定した上で進行をするのが一般的です。

場所が決まれば次は「結納」の日取りを決めます。

「結納」は余裕をもって、挙式の6~3ヶ月前には取り交わしておきたいものです。

日取りは暦(六輝)の上で吉日が良いとされ、「祝い事は明るいうちに」という理由から午前中に

執り行われるケースが多いですが、都合が合わない場合は午後からでも大丈夫でしょう。

日取りが決まれば、それに合わせて結納品の準備。

結納品の品数は、奇数で用意するのが一般的です。

これは、「割り切れない数字」が縁起が良いとされるためで、具体的には帯地料、柳樽料、松魚料に

末広と長熨斗を加えた5品。それに高砂人形、結美和を加えた7品。

さらに子生婦、寿留女を追加した9品となります。徳島県内では東讃地方が7品目、西讃地方では9品目の

セットが最も選ばれているようですが、御所車や宝船等、現代風にアレンジされた結納品も最近では

多く見られるので、ふたりらしさを取り入れたい場合は結納屋さんに相談してみましょう。

photo_yuinou

結納品の説明と意味も書いておきますね。

[帯地料]おびじりょう・・・いわゆる結納金のこと。昔は花嫁衣裳や白生地を贈っていたそうです。

[柳樽料(家内喜多留)]やなぎだるりょう…清酒料のこと。昔は、実際に樽酒を贈っていたのでこう呼ばれています。

[松魚料]まつうおりょう…魚料のこと。昔は実際に魚を贈っていたのでこう呼ぶそうです。

[末広]すえひろ…「末永い幸せ」と「繁栄」への願いが込められています。

[長熨斗]ながのし…アワビを叩いて伸ばしたものを使用していて、延命長寿の願いが込めて贈られます。

[高砂人形]たかさごにんぎょう・・・白髪の老夫婦の人形。「白髪になるまで仲良く」という意味を持っています。

[結美和]ゆびわ…婚約指輪。戦後、欧米の習慣が広がり、指輪を結納品に添えることが一般的に。

[子生婦]こんぶ…昆布のこと。子孫繁栄を願って贈ります。「よろこぶ」にも通じ、慶事によく用いられる。

[寿留女]するめ…するめのこと。「かめばかむほどいい味の出る夫婦になってください」との意味。

 

新婦の自宅で結納をする際、用意しておけばより格が上がるアイテムもよかったら参考に。

[緋毛氈]ひもうせん…結納品を飾り付ける際、下に敷く布。結納は赤、お返しは緑となるのが徳島式。

[袱紗]ふくさ…結納品の目録を入れた時、広蓋の上にかぶせる布。家紋入りのものを使えばより一層格が上がります。

[掛け軸]…床の間の壁に飾る。必須ではないが、あるとないとでは大違い。高砂や双鶴等、おめでたい図柄が良い。

[念珠・お香]…新郎側の家に仏壇がある場合、新婦側の先祖を敬うために用意する。

[桜茶・昆布茶]…昔から慶事に用いられてきたお茶。緑茶は「お茶をにごす」という意味合いから、結納では避けた方が良いでしょう。

[家族書・親族書]…結婚に際し、両家の家族や親族を紹介するために交換する書類のこと。

 

また地方や県をまたぐだけでスタイルや仕来り、結納品の数や内容などが全く

変わってしまう可能性があるので2人のうちどちらかが県外出身者の場合は特に注意が必要です。

両家ともに徳島県内の場合でも家庭によって考え方が違うこともあります。

結納は「両家の付き合いの始まり」。お互いのことを知る良い機会でもあるので

連絡を密に取って最終的にどうするかを決めていきましょう。

基本的なルールとしては、挨拶に訪れる男性側の方式に合わせるのが一般的。

今後のためにも、女性側が一歩引くのも大切かもしれませんね。

次回は「結納」当日の流れや注意点などをお話します。

参考にしてくださいね。


関連記事

muryo CL_banner03 CL_wedding_banner_voice CL_wedding_banner_report

access

footer