徳島の結婚式場

menu

徳島県で結婚式場を探すなら徳島駅直結のホテルクレメントへ

結納って必要??〜結納当日の流れ編〜

徳島 結納

こんにちは。ホテルクレメント徳島 写真室の本田です。

結婚式の準備は進んでますか?

今日は、先日からお話している「結納」について、当日はどのように進行していくのかを

紹介していこうと思います。

 

結納の進行例(仲人を立てない場合)

あくまで例なので、参考程度に読んでくださいね。

①男性側が女性宅へ到着

新郎と両親が新婦宅へ訪問。新郎父・母・新郎と並び、新郎は結納品を持って玄関にて一礼する。

②結納品の飾り付け

「本日は床の間を拝借します」とひと声かけて結納品を飾り付ける。

この時は必ず無言で。床の間を借りる旨を伝えられたら、

「どうぞご用意ください。何かお手伝いすることがございましたら、申しつけください」と

ひと声かけて退出。

③全員着席(一同一礼)

準備ができたら、新婦側を呼び、一同着席。一礼。

④結納式開式の挨拶

新郎父より開式の挨拶。

「この度は、素晴らしいご縁を頂戴しましてありがとうございます。

本日はお日柄もよろしいので結納の儀を取り交わさせていただきます。仲人様をお通しするのが

正式ではございますが、本日は略式にてすすめさせていただきます。」

 ⑤結納納めの言葉

男性が女性側に結納品を差し出します。

「○○家からの結納でございます。どうぞいくひさしくお納めください。」といった一言を

添えるのが良いでしょう。

⑥女性側が結納を受納する

父親が受け取り、目録の中身を取り出し、確認。

「結構な結納の品々をいただき、ありがとうございました。幾久しくお受けします」と伝え

新婦側一同礼。

⑦女性側が受書を渡す

受書を新郎側に差し出してひと言
「こちらは受書でございます。どうぞお改めください。」

⑧婚約記念品をお披露目する

男性が結納品を女性に差し出したあとは、婚約記念品をお披露目します。

「こちらは、○○さんから婚約記念品として頂きました。」といった紹介の仕方が

良いでしょう。

女性側は結納でいただいた品に応じてお返しを考える場合は、改めてお返しを渡す場を

設ける必要があります。

少々面倒な感じもしますが、失礼がないという点ではいちばん良いでしょう。

最近では、なかなか予定を合わせるのが大変というご家族が多く、両家の顔合わせ

もしくは結納のときに指輪とお返しの品を交換する方が多いようです。

 ⑨男性の父親が挨拶

男性の父親が終わりの口上を述べます。「本日は誠にありがとうございました。

無事結納を納めることができました。今後ともよろしくお願いいたします。」と

いった内容を伝えましょう。

最後に、新郎新婦より両親への感謝の一言や今後の抱負を言うのもいいですね。

 

こんな感じで結納自体は約20分程度で終わります。

結納が終わったら両家の親睦を深めるためにも、会食をしましょう。

フォーマルな雰囲気の結納とは一転和やかな雰囲気で両家の親睦を深めておけば

今後の結婚準備や家族同士の関係もスムーズにいきます。

結納自体も大事ですが、両家の会食がより大事だと思いますので

最後まで気を抜かずにがんばってくださいね!


関連記事

muryo CL_banner03 CL_wedding_banner_voice CL_wedding_banner_report

access

footer