徳島の結婚式場

menu

徳島県で結婚式場を探すなら徳島駅直結のホテルクレメントへ

親族中心の披露宴!喜ばれるプログラムは? 

徳島 結婚式場

こんにちは。珍しく雪が積もった朝、ドキドキしながら車出勤してきた

ホテルクレメント徳島 写真室の本田です。

慣れない雪のある生活、あわてることがいっぱいでした。

水道管が凍って水が出なかったり、歩くだけですべりそうだったり。。。

日常ではないことは、本当に大変ですね。

結婚準備も日常とは違うことなので、どうしたらいいか困ることが

多いと思います。

今日はそんな困ることの一つ、披露宴のプログラムについてのお話。

披露宴のプログラムも人数の多い披露宴の場合と、少人数の披露宴の場合では

盛り込む内容が変わってきます。

例えば、キャンドルサービス一つにしても、テーブル数が多い披露宴の場合と

少ないテーブル数の披露宴では、まわるのにかかる時間が変わってきます。

そうなると、プログラムの内容や進行も人数のことを考えて

組んでおかないと結婚式当日スムーズにすすみませんので、内容自体も

変えておく方がいいでしょう。

 

まずは、少人数の披露宴プログラム、特に親族中心の披露宴の場合について

お話しますね。

ここでいう少人数とは40名ぐらいまでの披露宴です。

来てくれるゲストが、2人のことを昔からよく知っている親族中心の

披露宴ということで、その方たちと2人が楽しめるプログラムを考えましょう。

一般的な流れの例を下にのせておきますね。

 

  • 新郎新婦入場
  • 新郎からウェルカムスピーチ
  • 司会者からプロフィール紹介
  • 来賓祝辞
  • 乾杯
  • ケーキ入刀
  • ファーストバイト
  • ラストバイト (演出①)
  • テーブルスピーチ (演出②)
  • フォトサービス (演出③)
  • 親族の余興(あればお願いする)
  • ウェディングケーキのサプライズ (演出④)
  • キャンドルリレー (演出⑤)
  • 両親花束贈呈
  • 新郎父より謝辞
  • 新郎謝辞
  • 新郎新婦退場

 

演出①〜⑤のところは、例なので2人オリジナルのものを

入れてもいいと思います。

親族中心の披露宴の場合は高齢の方も多いと思いますので

年配の方にも楽しんでいただけるプログラムにするといいですね。

この演出ってどんなんなん?って方のために簡単に説明しておきます。

 

①ラストバイト

新郎新婦がそれぞれの母親に、ウェディングケーキを食べさせてもらう演出。

母親に食べさせてもらう機会は最後ということで、お母さんにとっても

いい演出だと思います。

 

②テーブルスピーチ

あらかじめ各テーブルの代表者を新郎新婦が選んで司会者に伝えておき

歓談中に司会者がその人のところへ行ってサプライズでスピーチをお願いするというもの。

突然スピーチを求められるので、新郎新婦との思い出を飾らずに話してくれることが多く

意外と盛り上がります。

 

③フォトサービス

新郎新婦が各テーブルをまわり、テーブルごとにゲストと写真撮影する演出。

もっと盛り上げたいなら、普通に写真を撮るのではなく、あらかじめ新郎新婦で

ポーズを決めて撮った写真を封筒に入れてテーブルの代表者に選んでもらい

テーブルのゲスト全員が同じポーズで写真を撮るのもおすすめ。

手でハートマークを作ったり、ガッツポーズをしたり、誰でもしやすいポーズを入れておくと

ゲスト全員が自然な笑顔で写った写真が残せますよ。

 

④ウェディングケーキのサプライズ

ウェディングケーキをゲストにお出しする際、お皿の底にシールを貼った当たりを

用意しておき、当たった方にプレゼントを差し上げるというサプライズ演出。

皆さん笑顔でお皿の底を確認していて、意外に盛り上がります。

 

⑤キャンドルリレー

ゲスト一人ひとりにキャンドルを配り、新郎新婦は二人で一つのキャンドルを持ちます。

そして新郎新婦のキャンドルからテーブルの代表者のキャンドルへ火を灯し

新郎新婦は次のテーブルへ。火を受け取った代表者は隣の人のキャンドルへ火を移し

その方がまた隣へ…と、順に火をともしていきます。

そしてすべてのキャンドルに火がともったら

『新郎新婦とゲストの方々の幸せが、ずっと続きますように』と祈りながら

みんなで一斉に火を吹き消します。

出席者全員で参加できる演出で、会場が一つになり、キャンドルの灯火で

会場内が包まれてとてもロマンチックな演出です。

 

そのほかにも、子どもの頃からの写真を入れて作る「おいたちムービー」の

演出も写真を見ながらゲストの方と盛り上がれるのでおすすめです。

 

親族中心の披露宴なので、2人も来てくれたゲストの方も

楽しめる披露宴になるように考えるといいものになると思います。

がんばってくださいね!

 

その他、結婚式のことで困ったらコチラのサイトも

参考にどうぞ〜。

 

 


関連記事

muryo CL_banner03 CL_wedding_banner_voice CL_wedding_banner_report

access

footer